吹奏楽

「楽器のメーカー揃えると合うって本当?」コンクールあるある

投稿日:

よく楽器のメーカーを揃えて吹奏楽コンクールに出てくる吹奏楽団体がありますが、それって意味あるの?という疑問にお答えしていきます。

 

吹奏楽でメーカー揃えることに意味は?

結論から言うと、意味はないと考えています。

 

全く意味がない、というわけではありませんが意味がないと思うには訳があります。

それは、人それぞれ持っている音色は違うからです。

 

音色は声と同じです。

いくら吹奏楽部で全員同じメーカーの楽器に変えたからといって結局出てくる音はその人の音なのです。

音程も同じメーカーなら合いやすいというのもわかります。

たしかにメーカーごとの「癖」もありますが、結局はその人の癖になってきます。

 

吹奏楽団体、同じメーカーで揃えたバンドの音は?

本当に全て同じメーカーで揃えた吹奏楽団体は、統一感があって全て合って聴こえますか?

 

同じメーカーで揃えている吹奏楽団体も知っていますが、めちゃくちゃ音程も音色も揃っている演奏とは感じたことはありません。

なので、楽器を揃えている吹奏楽団体に吹奏楽コンクールなどで勝てないと、そう思う必要はありません。

音程など合わせることは常日頃の積み重ねです。

 

盲目的な指導者の吹奏楽指導にも…

無理に楽器のメーカーを揃えることで、吹きにくい楽器を吹かされて結局吹奏楽コンクールのメンバーになれない、という生徒さんもいます。

 

私が教えていた生徒が高校に上がり、1stトランペットとして吹奏楽コンクールメンバーに選ばれ、その時には自分の楽器は持っていたにもかかわらず、違うメーカーのものを買わないとメンバーになれませんと言われて買ったということもありました…

 

その子

はたまたま保護者の方に買ってもらうことができて違う楽器でもそれなりに演奏することができ、メンバーから外されることはありませんでしたが、楽器はその人に合ったものを選んで使うべきだと私は思います。

「やっぱり前の物が吹きやすい」と言っていたほどです。

 

吹奏楽部での楽器購入に注意

吹奏楽部の生徒で楽器を買うとなった時に、各楽器講師の方が来てその方に選んでいただくということもあると思いますが、その講師の方は自分と同じメーカーだけを選ばせていませんか?

自分が使っているからこのメーカーが1番よいと考えていることが多いからです。

その方の独断で「これがいい」と押されて買ってしまうことはやめましょう。

 

吹く本人が音色や吹き心地、吹奏感がよいものが1番上達します。

講師の方の意見はあくまでも参考にして、吹奏楽部顧問の先生や指導者の方々は、生徒が上達し長く音楽を続けていけるように楽器選びも導いてあげましょう。

 

まとめ

クラリネットやサックスなどはリガチャーやマウスピース、リードまで、吹奏楽部に来ていただいている講師の方の言う通りのものを使わされて吹きにくくなったりしても、「そのうち慣れるから」と言って使わせる人は多いですが、私はこの考え方は疑問に思っています。

講師の方はそれで全員上手になる補償なんてしてくれません。

道具は長く使っていれば、身体がその道具を使えるように変わってきます。

でも、吹きにくいものや合っていないものはある程度のレベルで止まってしまいます。

生徒の吹きにくいという思いから練習がイヤになっていくことのほうがマイナスです。

吹奏楽界に言い伝えられている不思議な迷信を真に受けないように気をつけましょう。

-吹奏楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

吹奏楽を楽しんでやるために

吹奏楽をやる人は、演奏者でも指導者でも、誰もが楽しんでやろうと思ったり、楽しんで演奏してほしいと願います。   吹奏楽部の活動でも、楽しくやりたいと生徒は言ったり、楽しんでやってほしいと指導 …

吹奏楽の練習はなぜ長い時間やるのか

何も考えない、全く考えない人なんていませんが、楽器の練習、吹奏楽にかぎらなくとも、音楽などの練習となると、何をどうやれば良いかわからない人は多いです。   そこを考えられるように、私が主宰し …

吹奏楽 楽器上達のポイントは「自己肯定感」

今回は「自己肯定感」というものについてお話します。 吹奏楽部の活動の中でなかなか上達しない生徒はこの「自己肯定感」が低いことが1つ原因かもしれません。 まず「自己肯定感」というものはその名の通り自分自 …

吹奏楽部、生徒の立場から思うこと

      25年以上吹奏楽と関わっていますが、その中でも「生徒」として吹奏楽に関わった年数は多いです^^   小学生の時は「部活」ではなかったですが、放課後の …

吹奏楽のコンクール関係中止発表が増えて。これから起こるであろう未来を予想し対策を考えよう。

中部日本吹奏楽コンクールが中止の発表を出しました。 10月のコンクールなのですが、これに対しても決断は早いのではないか、遅いのではないか、または発表の仕方が悪い、もっと考えられただろう等の言葉を見たり …